ダンススタジオでのロルフィングデモ

ロルフィングデモ

10月に開催されるロルフィングトレーニング

そこで募集するモデルクライアントに興味を持って頂いている方に、デモを行いました。


集まって頂いたのはダンサーの方々。

デモの前に練習を見せて頂きましたが、皆さんとても楽しそうで素敵でした。


ロルフィングワークショップ


まずは、ロルファーの宮本貴代さん から、ロルフィングの説明です。


ロルフィングワークショップ

筋膜に見立てたミカンの袋や、模型を使いながら・・・

ロルフィングを言葉で伝えるのはとても難しいです。

トレーニング中の私にとっても、とても勉強になりました。

歩き方は、人それぞれ

その後、一人ずつウォーキングをしました。

「歩く」ということも人それぞれの特徴をもっています。

・前へ前へ進もうとする方。

・足をバタバタしながら歩く方。

・足の指が浮いた状態のまま歩く方。

・腰を反ったまま歩く方。

・身体を固め、腕の振りの反動で歩く方。


ロルフィングの求める歩きは、

「筋肉や身体は頑張らないで、重心の移動で起こる自然な動き」です。


知覚を広げてもらったり、簡単な調整で身体や動きが変化するということを感じてもらいました。


頭の上、後ろの広い空間を感じてもらっています↓ 

ロルフィングワークショップ


それぞれ、足音や、方向性(前だけでなく上・下・後)、身体の動きに変化が見られました。

呼吸のワーク

その後、皆で呼吸のワークをしました。

普段あまり意識することのない呼吸ですが、息を脇や、背中に入れることで身体の中の広がりを感じてもらいました。

他、ダンス練習での疲労や普段の生活で痛めた場所に簡単メンテナンスを行いました。

ロルフィングワークショップ


痛みのある箇所に目を向けがちですが、ロルフィングでは身体の全体性を重視します。

その問題の場所にとらわれず、身体の筋膜が適切な場所、システムが適切な状態であれば問題が起こらないということです。

腰が痛いのに、足にワークしたり・・・不思議に思う方もいました。

説明や、体験ワークを通じて、ロルフィングに興味を持って頂けたのではないかと思います。


只今、2009年10月から行われるロルフィングトレーニングのモデルクライアント募集中です。

詳しくは日本ロルフィング協会まで。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。