私のHPの症例体験談 としてギックリ腰のことを書きました。

そこで、「ギックリ腰は、なんらかの前兆があるはずです。」と書いています。

「ですが、私は何年かに1度、急になるんです。」

とクライアントさん!

きっと同じようなおもいの方が多いように思います。

確かに起き上がったり、物を持ち上げようとした瞬間にギクッとなり、

そこから急に動けなくなるので急といえば急です。

 

しかし、外傷でない限り必ず身体にサインが出ています。

「足がだるかった」

「お腹の調子が悪かった」

「なんとなく歩きづらかった」

前兆は、腰だけに出ているわけではありません。

では、少し身体をみてみましょう。

よく操体法で使う動きですが、仰向けになり膝を立てます。

「その膝を左右にゆっくり倒してください。」



「どうですか?左右違いはありますか?」

多くの人は

「別に」「なんともないけど」「痛くないけど・・・」

では、もう一度倒してみてください。

「では、左右どちらにより行きやすいですか?もしくは行きにくいですか?」

「どちらかといえば左の方がいきやすいかなぁ・・・」

「では、右にいくときにどこか左と違う感じがするのですか?」

「ここまで倒したら、このあたりがちょっと突っ張る気がします。」

ほら!!ありました!!

きちんとつっぱりという身体のサインがみつけられました。

0か100ではなく、10、20、30・・・小さなものが必ずあります。

それは痛みではないので多くの人が、見落としたり、無視しています。

これが、身体がガタッとくるまでの前兆。

この身体の声を無視していませんか?

ロルフィングを受けると多くの方が、この小さなものに気づくようになり、

生活習慣を変えたり、痛みが来る前に身体を動かしたり、メンテナンスができるようになってきます。

それが、身体教育といわれる理由の一つだと思います。

また、内臓からくる腰痛も多いので、

これからの時期、冷やしたものの飲食を控えてお腹を大切にしてあげることも大切です。

(冷たいビールやジュースをたくさん飲んだ翌日にギックリ腰なんてことも多いのですよ!

実は首などの寝違えも内臓からきてることもあるのですよ。)

その原因を理解せずに問題の肩や腰を治そうと、押したり・揉んだり・電気などで刺激を与えるとかえって逆効果になることもあるのです。

もちろんロルフィングを受けなければ身体のサインに気づけないわけではありません。

日々の生活の中で


自分の身体と向き合う時間を作ったり、感じようとすることできっとみつかります。


ときどきカラダの小さな声も聞いてあげましょうね。

お読み頂きありがとうございます。押して頂けると嬉しいです→ → →
 最新情報をお届けします
・hinataのホームページ
・自己紹介
・アクセス
・ご予約フォーム
・ロルフィングの詳しい説明

hinata 大阪市天王寺区生玉町1-26
谷町九丁目 徒歩1分/大阪上本町 徒歩5分
11~20時(セッション開始時間) 年中無休

ロルフィング®、筋膜リリース、鍼灸整体、姿勢改善、ソースポイントセラピー®
マインドブロックバスター、レイキヒーリング

<スクール>
マインドブロックバスター養成講座、レイキアチューメント、en-yoga®ヨガプライベートレッスン

大阪市(旭区、阿倍野区、生野区、北区、此花区、城東区、住之江区、住吉区、大正区、中央区、鶴見区、天王寺区、浪速区、西区、西成区、西淀川区、東住吉区、東成区、東淀川区、平野区、福島区、港区、都島区、淀川区)、堺市、八尾市、岸和田市、池田市、箕面市、大東市、四條畷市、柏原市、富田林市、守口市、枚方市、門真市、寝屋川市、交野市、東大阪市、吹田市、茨木市、豊中市、高槻市。京都府、奈良県、兵庫県、和歌山県からお越し頂いています。