10回を通して統合へ ロルフィングのやり方

ロルフィング流れ

 

創始者アイダ・ロルフは重力の力を借りて効率よくバランスのとれた身体をみつけるために10回で完結する「レシピ」を考案しました。

レシピを用いた10回のセッションで、身体全体を統合します。

統合とは、身体の姿勢やシステムが変化し、よりよい状態になるということ。

 

料理のレシピのように、人、状況により調整できる自由度があります。

ですので、ロルフィングは、鍼灸やエネルギーワーク等との相性もよく、hinataではそれらを取り入れたメニューもご用意しています。

1~3 表層

1 呼吸を自由にする

ロルフィングレシピ

2 変化を受け入れるための下半身のサポート(支え)を確立する

ロルフィングレシピ

3 体側を解放し以降の変化の準備を完成させる

ロルフィングレシピ

4~7 深層

4 脚の内側、骨盤底

ロルフィングレシピ

5 腹部の空間の確立

ロルフィングレシピ

6 背骨・仙骨の自由な動き

ロルフィングレシピ

7 首・頭の解放

ロルフィングレシピ

8~10 統合

8・9 上半身あるいは、下半身の繋がりと統合

ロルフィングレシピ ロルフィングレシピ

10 全身の統合

ロルフィングレシピ

 

バラバラにほぐしたりするのではなく、自由でありながら繋がりまとまるということを目指します。

10回のセッションで、自分自身と向き合い、あなたの持つ限りない可能性をみつけます。

ロルフィングが生まれた背景→