ヴィパッサナー瞑想とは・・・

京都から山へ、そのまた山奥へ。

ヴィパッサナー瞑想に行ってきました。

(東日本大震災の前、2011年年始休みに行きました。)

その時のことを書いてみようと思います。

少しマニアックな内容ですが・・・

いまこんな大変な時だからこそ

内外に起こるあらゆるものを 『あるがままみつめる』 

ということを知って頂ければと思います。

現実の問題から、目を背けたり、痛みや苦しみに蓋をして感じないようにすることも、時にいいことかもしれません。

でも、向き合うことで、本当の幸せを見つけることができるのではないかと思います。

これから紹介する瞑想法を知ることが、何かのきっかけになれば嬉しいなと思います。

すごい雪景色

hinataぼっこ ロルフィング・鍼灸でここちよいカラダに-ヴィパッサナー瞑想センター

ヴィパッサナー瞑想とは・・・

「ものごとをありのままに見る」インドの最も古い瞑想法です。

どのようにして学ぶかというと、

10日間(前後日を入れ計12日間)、京都にある施設で合宿コースに参加します。

より良い学びを得るために、その間戒律を守ります。

戒律 

・ 生き物を殺さない

・ 盗みを働かない

・ 性行為を行わない

・ 嘘や悪い言葉を使わない

・ 酒・麻薬の類を摂らない

その他にも、守ることがあります。

聖なる沈黙

コース開始から9日目までは

会話、ジェスチャー、アイコンタクト、挨拶、読み書きなど

一切のコミュニケーションを禁じられます。

本や筆記用具、携帯電話、音楽プレイヤー、カメラ、お財布なども預け、外部との接触を一切行いません。

男女の分離

コースの間中、男女が接することはありません。

身体の接触

同性、異性を問わず、身体の接触を避けます。

 

ヨーガ(ヨガ)その他の運動を行わない

簡単な歩行やストレッチ程度

・ お守り、数珠、お札などの持込禁止

・ アルコール、タバコはもちろんお薬も使えません。

(過去2年間の、医師による処方薬、アルコールなどの摂取について申し込み時に確認があります。)

「なぜ?」「どうして?」という内容もあるかと思いますが、

修行がより深くすすむためにとても深い意味があり、とても大切なことなのです。

これも日が進むにつれ自分自身で徐々にわかってきます。

毎日のざっくりとした流れです。

時間割

朝4時 : 起床

 瞑想(2時間)

6時半~8時 :朝食と休憩

 瞑想(3時間)

11~13時 :昼食と休憩

 瞑想(4時間)

17~18時 :ティータイム

瞑想・講話(3時間)


21時30分 :就寝

改めてみてみるとすごい時間割です。

約12時間、一日の半分を瞑想。

食事は朝と昼の2回。

昼以降は食事をしない。(夕方にはティータイムとして、はじめて参加する人は飲み物とフルーツを摂ることができます。)

簡単にいえば、

山奥で

知らない人達と

無言で

共同生活をしながら

ひたすら瞑想する


というものです。



まさに修行



決してあまいものではありません!!

さあ、これからはじまる12日間、思いもよらないことが待っていました・・・

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です