昔の日本人は穀物や根菜類をしっかり食べ、土を触り、頭もよく感覚が研ぎ澄まされていたんだなと思います。

三砂ちづるさんの記事に書かれていたもので、

着物は帯で内臓を覆ってくれ冬でも寒さを感じない。


肩も意識しないのでストンと緩んで、背中に意識がいく。

 

着物は直線で裁たれたものを、曲線の体に巻きつけるので、真ん中を確認しながらまとっていく。



また、「オニババ化する女たち」では、

オニババ化する女たち 女性の身体性を取り戻す (光文社新書) オニババ化する女たち 女性の身体性を取り戻す (光文社新書)
光文社 2004-09-18
売り上げランキング : 7715
Amazonで詳しく見る by G-Tools

昔は、着物で下着もつけていないし、生理用品もなかった。


月経の時は月経血をコントロールして、尿のようにトイレでまとめて出すことができた。

と書かれていました。

今では考えられないことだと思います。

今の日本人は一日の内、どれだけ自分の中心を感じているのでしょうか?

中心を知ると、 姿勢が整い、呼吸や血流の流れがよくなります。

また、骨盤底の感覚も養われ、内臓機能、生理、出産・・・さまざまなことにも影響があるように思います。

諦めないでください。

今からでも、カラダをみつめなおし、中心感覚を得ることができれば、

心地よい身体になることも可能だと思います。

お読み頂きありがとうございます。押して頂けると嬉しいです→ → →
 最新情報をお届けします
・hinataのホームページ
・自己紹介
・アクセス
・ご予約フォーム
・ロルフィングの詳しい説明

hinata 大阪市天王寺区生玉町1-26
谷町九丁目 徒歩1分/大阪上本町 徒歩5分
11~20時(セッション開始時間) 年中無休

ロルフィング®、筋膜リリース、鍼灸整体、姿勢改善、ソースポイントセラピー®
マインドブロックバスター、レイキヒーリング

<スクール>
マインドブロックバスター養成講座、レイキアチューメント、en-yoga®ヨガプライベートレッスン

大阪市(旭区、阿倍野区、生野区、北区、此花区、城東区、住之江区、住吉区、大正区、中央区、鶴見区、天王寺区、浪速区、西区、西成区、西淀川区、東住吉区、東成区、東淀川区、平野区、福島区、港区、都島区、淀川区)、堺市、八尾市、岸和田市、池田市、箕面市、大東市、四條畷市、柏原市、富田林市、守口市、枚方市、門真市、寝屋川市、交野市、東大阪市、吹田市、茨木市、豊中市、高槻市。京都府、奈良県、兵庫県、和歌山県からお越し頂いています。