五感を働かせて、「直感」で本能のまま行動する

吉村正先生の話から

先日の吉村正先生の講演会で、

『本能は、知性や理性より劣っていると考えるのは間違い』

という話がありました。

まさにその通り。

 

しかし、五感を働かせて直感で本能のまま行動するという人は少ないように感じます。

この社会に生きていると、

感じることよりも考えることを優先してしまうように思います。

学校に行き、教育を受け、記憶し、点数がいいものが良しとされ、数字やデータでわかるものを頼りにお金を稼ぎ、そうすることで生活ができるシステムなのですから・・・

当然といえば当然です。

ロルフィングでは

ロルフィングは、クライアントさんに感覚を使ってもらいながら

身体を再統合していきます。

クライアントさん自身感覚をもつという経験が少ないので

初めは戸惑われる方も非常に多いです。

(何度か実践しているとすぐできるようになりますが・・・)

 

多くの場合は、マッサージや鍼灸、医療全般

「受けるもの、やってもらうもの」という受け身な考えですからね。

 

私も始めはそうでした。

しかし、感覚は皆がもっているもので、

 

少しのきっかけで使えるようになったり、反対に閉じさせることもできます。

感覚を高めることで、構造(姿勢)も機能(身体の使い方)も変化してきます。

生命力も高まってくるように思いますし、生き方が変わります。

そうなると、感覚的に良くないと思うことはしないし、無理はしなくなります。

 

私の小さい頃、初めて行った公園はとても広くジャングルのように感じ、

土のにおいも、石のかたさ、木々のざわめき、風も・・・

全てがすごかったです。

それが大人になり、それぞれをモノとして捉え、ただの小さな公園としか感じなくなります。

hinata-感覚

 

五感を大切にする生き方

五感を大切にする生き方は

安心、安全、楽さ、快適さ以上に、大きな幸せを得られるのかもしれません。

この社会で生きている以上、感覚を閉ざすこともしかたのないことかもしれませんが、

五感を大切にという選択肢を持てば、

また違う生き方ができるはずです。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です