「木の捻じれから学ぶ」人のスパイラル(螺旋)、身体の歪み

随分温かくなってきましたね。

春も大分近づいています。

桜の開花も気になるところ・・・

木のねじれと身体のねじれ

桜の木も古くて大きな木は、ねじれている木が多いですよね。

ねじれすぎて倒れない?

そのようなことはなく、

強風や雪、枝の重さに負けないように、繊維がばらけないように

自らねじって幹を太くしていくそうです(樹の種類による遺伝的なものもあるそう)

ねじれ

 

らせん構造

自然界にはらせん、ねじれ、巻いているものは非常にたくさんあります。

つるや、他の植物も、

貝やカタツムリの殻も・・・

 

黄金比や

人間も同じで、DNAも二重らせん構造だったりします。

 

また、内外の影響から自分を守るため、カラダをねじったりすることもあります。

木のように強くて良い?

もちろん人間の無意識にしている行動は無駄はなく

身を守るため大切なことです。

 

そう、ねじれ、ゆがみ・・・一見悪のように考えられてしまいますが、

決して悪いものではなく、木と同じ意味があるということ。

ねじれ

 

身体の捻じれは良い?悪い?

ねじれ、歪みも意味がある。悪いわけではないようですね。

周りの環境や状況に適応しているともいえます。

首肩をねじって緊張するも、頭を支えるためだけでなく

血流を悪くして脳をぼ~っとさせる防衛本能かも。

でも、デメリットもあります。

 

人は木と違い、

想い、動くということ。

 

ねじって身体を守らなくていい環境や状況になれば、

その状態をリセットしておく方が良いかもしれません。

本来は、動き、夜に眠り、寝返りをうちながら身体・神経を休めリセットできればいいのですが。

自分でリセットの仕方がわからなくなっている人もたくさん。

 

最近、hinataにもロルフィングで、まだ小さい幹の子ども達がたくさんきていますが、

さまざまなことから歪み、ねじり、症状まででています。

 

それも意味のあること。

だから、ムリに、無理矢理、矯正や整体をするのではなく、軽く触れるだけ・・・

「もう大丈夫だよ~」と身体に伝えるわけです。

そして、

安全、安心を感じると

カラダは自然とリセットされ、本来の姿勢になります。

 

もちろん大人も。

うちの子と、ねじれた桜の木をみながら話しました。

自然から学ぶこともたくさんですね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です