「自然育児友の会」のお茶会に参加しました

前回 からの続きです。

第5回いのちはめぐる2010~Choice~in 高津宮で、

 

 

「自然育児友の会」

 

のお茶会(おむつなし)へも参加させていただきました。

hinataぼっこ ロルフィング・鍼灸でここちよいカラダに-自然育児友の会

 

多くのお母さんと子供、これから出産予定の方々で賑わっていました。

おむつなし育児

お話は、私が最近注目している

「おむつなし育児」 のこと。

月経血コントロールなどこのブログにもたびたび出てくる三砂ちづるさんがその提言者です。

(関連記事:昔の日本人はすごい

私の家では、布おむつだったんですがおむつなしをしたい思いが強くなっています。

というのも

最近こどもは自ら、はだかんぼになります。

とても気持ちいいのでしょうね。

けれど、それで家は全部が子供のトイレとなってしまっています。

乳幼児期におむつなどで気持ち悪かったり、排泄を我慢したりすることの方が不自然ですからね。

まあ私たち親は結構へっちゃらなんですが、ホーローおまるを入手しそれにするというのがやはりベストと思うので気になってます(^^ゞ

付けてくれる時には、股関節、そけい部を締め付けないように

腰にゴム(ヘアバンド)をして、布をはさんでT字にした簡易ふんどしをしています。

するとおしっこを出たらすぐに教えてくれます。

けれど、そろそろ決まった場所に排泄できるように、出る前に教えてくれるようにしたいということでおむつなし育児のお話が聞けるお茶会をとても楽しみにしていました。

すでにおむつなし育児に成功している方もいれば、これからという方、なかなかうまくいかないという方も・・・

それにしても皆さんとても素敵な方々ばかりでした。(お着物の方もおられました)
hinataぼっこ ロルフィング・鍼灸でここちよいカラダに-自然育児友の会2

オムツなし育児は、コミュニケーション

オムツなし育児は、

人間のもつ大切な生理、排泄を通したコミュニケーション

を大切にしたもので、子供と親のつながりがとても深くなります。

そういう考えを大切にしている方々だからでしょうか。

おむつなし育児などで使う「ホーローおまる」も体験(やり手水)させていただき、疑問なども解消して大満足です。

本、リサイクル輪おむつを購入しました。

hinataぼっこ ロルフィング・鍼灸でここちよいカラダに-ビバ、布おむつ

これからは、子供にとってさらに心地よい生活ができるようにしてあげられたらなと思います。

こういった子育ての知恵を共有しあったり、助け合ったりできる場が(最近は増えてきましたが)まだまだ少ないように思いますが、

自然育児友の会 ではこういったお茶会をさまざまな場所で開いているそうですよ。

自然育児に興味のある方は是非参加してみてください。

すてきなイベントに参加できてとてもよかったです。皆様ありがとうございます。

Follow me!

ご予約・お問合せはこちらからどうぞ

hinata 
女性専用サロン・完全予約制
土日祝日もオープン
11~21時(ご希望日時ご相談ください)
〒543-0071大阪市天王寺区生玉町1-26

「自然育児友の会」のお茶会に参加しました” に対して1件のコメントがあります。

  1. SECRET: 0
    PASS:
    食べ物を口にできなかったのだけが心残りのイベントでした!!

  2. SECRET: 0
    PASS:
    私も将来、育児をする機会に恵まれたら、
    おむつなし育児♪と思います。
    もちろん自然出産したいです。
    そんな日が来たら、の話ですけどね。気配無しです(^_^;)
    ロー100の自然界の動物の女子たちは生理「出血」が無いそうで、
    ローな女性は、それに近い体になるんですよね。
    排卵と出血とは無関係だと知ったときはショックでした~。
    みんなにこういうこと、もっと知ってほしいですよね!

  3. hinata より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >昼は社長・夜は女将のちゃっぷちゃんさん
    そうですね。昼過ぎには食べ物ブースが完売したり、片付けられていたところもありました・・・。次の開催あるといいですね。

  4. hinata より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >ローフードスクールBullianさん
    そうですね。
    多くの方が自然な出産、自然な育児ができると素敵ですよね。
    私も衝撃的でした。
    確かに自然の動物は出血が無いですからね。飼われている犬などはありますが・・・。
    そして一昔前の日本では、量や期間的にもそんなに出血がなく身体能力も優れていたから着物に下着をせず経血コントロールができたのだと思います。
    それは、自然から離れたこと、食も一つの要因でしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。