おむつなし育児振り返り―トイレの音が怖い事件

外出時でもすっかりトイレができるようになっていたころ、

あることがきっかけで急に外でのトイレができなくなりました。

ある便器に座ったところおしりから

ジョロジョロ、シュー

という音がなりました。

そうです。自動洗浄と臭い消しの機能が働いたのです。

それにびっくりして突然座らなくなりました。

自分が流されるような恐怖でしょうね。

それからどこのトイレでも

「鳴らない?鳴らない?」

とかなり慎重になりながら・・・

時には「おしっこない」とウソをついたりして大変な時期がありました。

うちの子だけ?と思いましたが、周りにも同じ子がいました。

意外と多いのかもしれませんね。

それを克服したのは、ある方法。

とっても単純です。

布オムツではなくパンツで外出しているとき、「おしっこ~」

でも、「ここのトイレはイヤ~」と言いだしました。

といっても、パンツなので、ここでやってもらうしかない。

「そうやなぁ、ちょっと怖いね


じゃあ目を閉じて、耳塞いでみようか」

といって乗せてあげるとうまくできました。

「もう!しなさい!」と怒るのではなく、まずは


認めてあげる。

そして、遊びのような感覚にしてあげて、できたことをいっぱい褒めてあげました。

すると、次第に薄目になったりしながら、音ありトイレも克服していきました。

自動洗浄など便利な機能ですが、子供にとっては怖いものなのかも。

トイレ開発者も 「まさか」 ですよね(笑)

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です