中学生の子ども、しんどさの原因は「殺虫剤!?」

学校も夏休みに入り、早速hinataにお子さん達がたくさん来てくれています。

鍼灸やロルフィング10セッション後のメンテナンスの子が多いのですが、みんなの成長に驚かされます!!

原因不明のしんどさ

その中で、中学生のお子さん。

この子は小学生の頃から来て頂いていますが、ロルフィングを通してバランスが改善し

身長もぐんぐん伸び、スポーツに、音楽に、いつも元気!

でもここ数日、特にどこが痛いとかいうわけではないけれど、習い事もお休みするほど心身のしんどさが出ているそう。

hinataでのセッション

まず、姿勢や歩行を一緒に観察した後、

筋膜リリースで緊張した部分を解放、

その後、軽いタッチで、委ねる感覚を引き出していきます。

すやすや~と、眠られ本来のバランスを取り戻していきます。

しんどさの原因は?

最初このひどい暑さでしんどさが出ているのかな?と思ったのですが、

ホリスティックヒーリングでチェックすると、反応したのは

なんと

 

「殺虫剤」

 

それを、波動調整や調和できるレメディをみつけ反応を解消させていきます。

ふわっと子どもらしいエネルギーになりました。

 

このお子さんのお母さんに伺うと…

先日キャンプに行き、虫が多かったので

人に借りた「虫よけスプレー」をカラダにたくさんしたそう。

周りは蚊取り線香や、殺虫剤をたくさんスプレー。

それでもたくさん刺され、その後、痒み止めもいろいろ塗ったそう。

 

夏にはあるある話ですよね。

ですが、それだけでなく自宅でも毎日毎日、睡眠時には

電気式の虫避け(マット式蚊取り:ピレスロイド系殺虫剤)をしているそうです。

CMでもよく聞く商品で皆さんご存知のものです。

虫よけ、殺虫剤、人にとって安全なのでは?

そんなことはありません。

ディートなど、中には人間にとっても有害な化学物質成分もあります。

人体に影響が出るほどの量ではないということで販売されているのだと思いますが、

人によっては、皮膚や呼吸などから吸収したものが、

肝臓など内臓に影響したり、筋膜の緊張が生まれたり、心に影響することがあります。

虫よけスプレー

寝れないのも、刺されるのもストレス

自然の中で生きているんだから、虫とも共存して・・・

なんていってられません!!

寝ているときのあのプ~ンという音は私もニガテです。

特に子ども達を守るため、深夜必死に虫取りのラケットを振り回していることもあります(笑)

寝れないのも刺されるのもストレスになりますので、虫よけを使うこともありかもしれませんが

アロマなどを使ったできるだけ自然な虫よけをお勧めします。

また、刺された後に「自然塩」をすり込むのも結構効果ありです!

8年も前の記事にも書いていました。

天然・自然素材の虫除けスプレーの作り方

母は大丈夫!?

その後、そのお子さんのお母さんもセッションをさせていただいたのですが、

お母さんの方には「殺虫剤」の影響は出ていませんでした。

?なぜ?

カラダは子どもに比べて大きいし、耐性があるのかな?と思っていたのですが、

「私は虫よけがニガテなので避けて別の部屋で寝ています」とのことでした。

カラダは正直ですね・・・

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。