「一人目の子は育てづらい」出生前記憶から|マインドブロックバスター

1番に生まれた子の意味 

「下の子に比べて、上の子が大変で育て辛いんです」

とマインドブロックバスターを受けにきた方。

普段は、すぐブロック解除に入るのですが

今回はお話の流れで私の子どもの話をしました。

 

うちの子もそうだったから・・・

 

一人目の子は先駆者として、初めての夫婦に

いろんなことを教えるために自ら1番目を選んでやってきます。

はじめてだから

うちも一人目の時、初めての子育てだから、みんなやっていることだから

ただただ必死に子育てしました。

そして、二人目を子育てをして、

「あ、ラク」「全然違う」と気付きました。

また、下の子は、上の子がしていることをよく見ているし、うま~くやっています。

となると、比べてしまったりします。

 

 

でも、一人目は自ら選んできてくれている

勇気のある優しい子なんです。

 

出生前記憶でわかったこと

うちは上が女の子です。

でも、生まれるまで男の子だと思っていました。(青っぽい服を用意してたんです)

 

妊娠中に夢で名前をハッキリみて確信したのですが・・・生まれたのが女の子。

数年たち2人目が男の子で、上の子の時見た名前を付けました。

 

あるとき息子が話してくれたのは、

「ぼくが先に行く予定だったのに、お姉ちゃんが先に行ってあげると押しのけた」と話していました。

さらに

娘は、「私がお母さんのおなかにいるときに、弟がお空からきて

お母さんに一緒に名前を伝えてというから一緒に言ったんだよ」と言いました。

それで、「だから女の子がおなかにいるときに男の子の名前を見たんだ」と納得しました。

 

それらを聞いて、私たち変わった夫婦のために、子どもたちは「本当に選んできてくれたんだ」と思いました。

姉弟ケンカをしていても、大変でも、なんだか優しい気持ちになれます。

 

そんな話をしながら、もちろんブロックも解除すると

「早く帰って子どもと会いたい」と言われていました。

きっと子どもとの関係性も変わっていかれることと思います。

 

追記

あと、子ども達が話してたことで「お空でまだ順番待っている子いるよ」とのことでした

そのお空で会った子が今お腹にいてる子なのかな?(笑)

 

今月いっぱいで来月から産休に入らせて頂きます。

少しずつ予定が埋まりだしていますが、まだ空きはありますのでぜひお越しくださいね。

マインドブロックバスター

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です