子どもにイライラしてしまうブロックは、インナーチャイルドが原因?

先日、5歳と2歳の子どもさんを育児中の

主婦Mさんのブロック解除セッションをしました。

子どもにイライラしてしまう

Mさんは、どうも上の子に

「イライラしてしまう、かわいく思えない…」

「なんとかした方が良いとは分かっていても、どうすることもできない」

「イライラのまま子どもに接してしまい、子どもとの関係性が悪くなり悪循環…」

という悩みなどで、頭がパンパンになっておられました。

 

他人事ではない幼少期の記憶

どうでしょう?

これらは他人事でしょうか?

子育て中のお母さん方で同じような状況の方、たくさんおられるのではないでしょうか?

 

お子さんとの関係性のブロックはとても多いんです。

理由や原因は、もちろんさまざまですが、

実は、この問題の根っこには

「愛の欠落」

という、

その方の幼少期の記憶

が関係していることが多いのです。

親との関係性、インナーチャイルド

親から愛された記憶(経験)がない

否定されて育った

受け容れて、認めてもらえなかった

ありのままでいてはいけなかった

 

過去の記憶(インナーチャイルドともいえるかもしれません)がうずき…

癒されないままで大人になり

結婚し子どもを持った「今」

ざわざわとその記憶が呼び起され

心のブロックとして

子どもに対する思考、言動、行動として

あらわれてしまいます。

 

自分自身が幼少期に愛された経験が少ないので

「子どもを愛することができない」

「そもそも、愛するということが分からない」

とおっしゃいます。

私自身もそうでした

実を言うと

私自身も、そういった想いで成長してきました。

子どもや親、夫婦の関係性で悩むこともたくさんありました。

でも、ブロックを解除することで、ずいぶん楽になりましたし、

「愛されていなかったわけではなかったんだ

親自身も、そして私自身のブロックも色々とあったんだ」

ということもわかりました。

表面だけでなく深い部分のブロック解除を

こういった方には、

子どもさんとの関係性のブロック解除をするだけでなく

ご自身の母・父とのトラウマのブロック解除をしたり

自己肯定を高めるためのブロック解除をしたり

していきます。

 

そして、お話の中で出てくる何気ないこと、

例えば、掃除がいやとか、料理がいやとか、早起きできないとか、

そういった「身近な、ささいな」ブロック解除することが、実は大きなところに繋がることもあります。

 

日々セッションを通して感じることは

ブロック解除をして軽くなったお母さんをもっと増やしたいということ。

それは、子どもの笑顔につながりますよね

 

そして

「マタニティブルー」、「産後うつ」、「育児うつ」の方々の気持ちも少しでも

軽くなったらいいなとあらためて思いました。

 

もちろんさまざまなカウンセリングや、ヒーリングなども大切だと思いますが

マインドブロックバスターという選択肢もあることを知って頂けると嬉しいです。

 

自己紹介

★マインドブロックバスター養成講座開講日★ 

【残2名】

☆隔週 土曜日

7月11日(土) 1回目講座  、7月18日(土) 2回目講座  、7月25日(土) 3回目講座

*もちろん、上記以外ご希望の日程でも開講できますのでどうぞお問い合わせくださいね。(日程ご希望申込みフォームご用意しております)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です