たらちね(垂乳根)から学ぶ、重力、年齢、自然に逆らわない生き方

これは、どこかで見たコラムを思い出して書いたものです。

(出所がわからずすみません)

 

皆さん、『垂乳根』という言葉を知っていますか?

 

 

私は知りませんでしたが

「たらちね」で変換するとすぐ漢字に変換されるので、多くの方は知っている言葉なのかもしれません。

垂乳根とは、文字の通り、垂れたおちちのことであり

「母・親」に対する枕詞とされているそうです。

でも、最近は日本人女性は下着の開発、普及により垂乳根が少なくなったそう。

昔は多くの子ども達が母乳で育ち、出が悪い場合などは「もらい乳(母乳がよく出る女性に授乳してもらう)」

というものがあったそうです。

垂乳根は、そんな母たちへの敬意の表現といえます。

 

そして、時代は変わり、少子化になりました。

テレビでは女優さん、タレントの方々が産後もスリムで、体形も崩れずキレイなまま、ですよね。

そんな姿にあこがれ、授乳を早めにやめてミルクに切り替える方も多いようです。

体質や環境などにより、あげたくてもあげれない人もいると思いますし、ミルクが悪いわけではありませんが

乳がんの発生の危険を下げる因子として「授乳」が重要視されているようです。

もちろん、他の因子(食べ物など)も影響しますが

得たものの代償も少なからずある…ということかもしれません。

 

アンチエイジング、きれいな体型・・・

老化に逆らい、重力に逆らい、自然の流れに逆らう

それもありですが

垂乳根という言葉から

単に、胸だけの話でなく

本当の美しさ、流れに沿った生き方など

いろいろなことを感じ、気づき、考えてみてはいかがでしょうか。

 

hinataでは、

逆らわず、頑張らず

ラクで、流れに沿った

心地よい生き方を提案していきたいと思います。

 

あたし、ぐびぐび飲んでいますよ

赤ちゃん

Follow me!

ご予約・お問合せはこちらからどうぞ

hinata 
女性専用サロン・完全予約制
土日祝日もオープン
11~21時(ご希望日時ご相談ください)
〒543-0071大阪市天王寺区生玉町1-26

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。