埋炭法で磁場を安定させイヤシロチ&パワースポットに!!

埋炭法

もう1年前のことになりますが、埋炭を行いました。

埋炭とは・・・

簡単にいえば

土地に木炭を埋めることで、その土地の磁場を安定させ、植物や人を健康にするものです。

木炭を埋めることでなぜ健康に?

昔から神社仏閣などでは大量に木炭が埋められていました。

というわけで、パワースポットとして浄化されたエネルギーが保たれているわけです。

ですが、それらはまじないというわけではなく、

どちらかといえば科学的な考えでもあります。

地球の土地には電気が流れているからです。

え!?と思うかもしれませんが、

誰もがご存知のようにN極とS極があり、方位磁石でそれらは確認できますよね。

埋炭法

 

つまり、地球そのものが磁石。

そこに住む私たちも、動植物もその電場、磁場の影響を受けているのです。

電流が流れているところには磁場があり、

磁場のあるところには必ず電流が流れています。

その中で、磁場の高いところ、低いところがあり

それにより、人を健康にも、不健康にも影響させる大きな要因になり得るのです。

なんとなくこの場所、落ち着くなとか、早く離れたいとか、

この店繁盛しているなとか、次々に店舗が変わり何をやってもダメな場所だなってことありますよね。

もちろん別の要因も多々あるかと思いますが・・・もしかすると磁場の低いケガレチなのかもしれません。

埋炭用に作られた木炭は電気抵抗が少なく、埋めることで電気を地中に流し磁場を安定させます。

人は電気と関係が深い

皆さんご存知のように人間は微弱電流で生命が維持されています。

例えば、心電図って電気的な信号ですよね。

レントゲンなどの医療機器からも、人は電磁波の影響を受けるとされています。

 

また、私は施術時、キネシオロジーで身体の状態をチェックすることがあるのですが

土地のエネルギーの影響を受けている人、電磁波の影響を受けている人がとても多いのが気になっていました。

電磁波の記事

「身体に悪い?電磁波」電磁波対策まとめ
身体の状態をホリスティックヒーリングでチェックすると、電磁波の影響を受けている人がかなりおられます。 電磁波の影響が出ている人に尋ねると レントゲンを撮ったばかりとか、 スマホを目覚まし代わりにして、枕元に置いて寝...

 

そこでアーシング(素足で歩く)などもあるのですが、

埋炭をやってみることで、自分自身家族にどのような影響があるのだろうかと実験することにしました。

操体法の創始者、故橋本敬三先生もカタカムナを研究されていて、治療院も埋炭敷炭をされていたり、墓石にもカタカムナを用いた幾何学模様が描かれていると講習会で聞いて、なにやらすごいものだというのは数十年前から気になっていました。

楢崎皇月先生、カタカムナってご存知ですか?

昭和30年楢崎皇月先生という方がおられました。

私は埋炭をしようと関係する本を読んで知ったのですが、すごい方です。

「静電三法」といわれる考え方で「植物波農法」「人体波健康法」「物質変性法」があり、詳細は深すぎて語れませんが、シュタイナーのような方だなと思いました。天才科学者です。

カタカムナを解読したということでも有名です。

 

土地の磁場と健康について研究、調査を行い発表されています。

優勢地帯(約15%)は、いわゆるイヤシロチ、パワースポットといわれるところで土地の表面から地中へ電気が流れこの土地に住む人は病気が少なく、作物が良く育つ。

(イヤシロチとは、イヤ(電気が豊富)、シロ(現れて)、チ(持続している場)、イが継続していることがイノチ)

標準地帯(約55%)は、いわゆる普通の土地。土地の表面から地中へ流れる電流と地中から地表へ向かって流れているところ。

劣勢地帯(約30%)は、いわゆるケガレチ。地中から地表へ電気が流れている状態。この土地に住み人は病気がちの人が多く、植物の生育も不良。

恐らくその時代よりも劣勢地帯は増えているのではないかと思います。

井戸も土地の磁場を安定させる影響があったそうですが、それらも無くなり

川や田畑を埋め立てたりして売り出している土地建物も多いので、問題がある土地も多いのです

 

優勢地帯を探すのは昔の地図を見てみたり・・・難しいですよね。

ならば、龍穴のような場所、イヤシロチを自分で作る!!!のです。

木炭選びは要注意!!

木炭ならばどんなものでも大丈夫!ではありません。

たくさんのところで販売されていますが、

きちんとした考えで作られたもの以外は(1000°を超えて焼いたもの等、条件があります)

効果がないどころか劣化によって場合によってはマイナスになることもあります。

バーベキュー用の木炭などはもちろんNGです。

このあたりはご自身で見極めてくださいね。

場所決めが重要

土地の上で地磁気測定をして、低いところに埋める。

もしくは、極端な地磁気測定の結果の差がなければ建築予定の建物の中央に埋めるのですが、現代ならではのいろいろな問題もあります。

それは、建物を建てる基礎をするときの「地盤保障」の関係がありできない場合もあるので

そのあたりは建築関係の方と要相談ですね。

せっかく埋炭したのに地盤の問題で土を入れ替えられたり、杭を打たれたりでは残念なことになります。

 

私の場合は、風水の関係をみたりしましたが、結局はキネシオロジーで場所決めしました。

手違いで微妙に場所はずれたのですが、

埋炭1穴で半径15mはカバーできるので「まぁいいかな」とその場所に炭を埋めました。

つまり広すぎる土地でなければ、大体でも大丈夫です。

既にある家の庭でも、水道下水ガス管などを注意しながら埋炭することも可能です。

スマホの地磁気アプリは使えない

実はスマホのアプリにも地場測定なるものがあるそう!!

ですが、結論

使えません。

実際の計測器とアプリの結果を合わせて載せてくれている方がおられましたが、

ぜんぜん違います。

今後精度が変わるかもしれませんが、今のところは信用できないなという個人的な感想です。

埋炭実践

hinataで、ホリスティックヒーリングを提供しているからには

ボディーワーク、エネルギーワークだけではホリスティックではないなと思い

業者に頼まず自ら実践しました。

 

日取りは、土地を触ってはいけない時期があるのでその時は避け、良い日取り、天気の良い日に行いました。

準備としては

スコップ、木炭、水、軍手など・・・

埋炭法

穴を掘り(直径1m、深さ1m)

木炭を入れては水を撒き踏み固めていきます。

埋炭法

埋炭法

 

 

水道工事が済んでいない土地だったので、

また車で家まで戻ったり水組みが苦労しました。

体験してみて、1人でするには思いのほか大変でした。

2月なのに汗だく。だから撒くようの水だけでなく、飲み水もしっかり準備してくださいね。

 

更に、土地の浄化や結界を張ったりしてできることは全部して達成感!

2,3日は、全身筋肉痛です^^;

 

そして、基礎が始まる時には、基礎下に特別な天然石を埋めました。

すぐ目にみえる効果がわかるものではありませんが・・・

そう、こんなのって気持ちの問題。

すぐ目に見えるものではないし、自己満足!!

ですが、実は埋炭をするまでに木炭や一緒に埋める他の天然石を自宅保管していました。

どうせなら家族の寝室にと置いていたら

あきらかに家族の顔、健康状態が違っていました!!

私は計測していませんが、地表微弱超低周波を計測すると埋炭後は変わるそうです。(数ヶ月かけて安定していくようです)

埋めてしまえば目に見えないもの、それに高額な投資ですが、

やはり健康には代えがたいものです。

土地を触れない、マンション住まいという方でも

できることはありますので、興味のある方はhinataにお越しの際にお尋ねくださいね~。

コメント