「腰痛、ぎっくり腰の8割は原因不明」ココロとカラダの関係性

hinataにお越しになられた方から、以前の記事

「腰痛、ぎっくり腰の原因は、筋肉、筋膜、骨でなく心理??」

腰痛、ぎっくり腰の原因は、筋肉、筋膜、骨でなく心理??

から

「心理からくる腰痛が本当にあるのでしょうか?」

「その方はその後どうなったのでしょうか?」

と質問がありましたので、こちらで書かせて頂きます。

心理からくる腰痛やギックリ腰について

こういった場合は、資料を見て頂くと早いかと思いますので、

腰痛ギックリ腰

こちらは随分前の新聞の記事ですが、

「腰痛は8割が原因不明」と書かれています。

非特異的腰痛(原因不明)85%

診断がつく腰痛15%ともいわれています。

つまり、骨、筋肉、神経…医学的検査ではわからない腰痛が、これほどまであるというわけです。

もちろんこの新聞記事は、整形外科医師からの取材を元に書かれた記事です。

 

こうした場合、医療機関では「原因がわかりません」といえないので、

「この辺りが狭くなっていますね~」とか、

「とりあえずシップして」「温めて」「運動しましょう」となることが多いようです。

記事には、以下のようにも書かれています。

~腰痛といっても、体だけの問題ではなさそう。

多くの腰痛には「仕事の悩みなどのストレスが大きく関わっている。最近では特に多い」~

こういった心理からくる腰痛については、

以前、NHKなどでも特集で取り上げられていたと思います。

ですので、世間一般でも認知されつつあるということです。

 

椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症だから?

中には、「私は、医療機関で検査をしてヘルニア、脊柱管狭窄症、腰が悪いと言われたから・・・」という方もおられるかと思います。

私がクリニックで務めていたときの経験として、

歩けないほどのヘルニアの方が、施術をつづけた後、

痛みも一切なくなり、普通に歩けるほど回復された方がおられました。

念のため医学的検査をしてもらったところ、ヘルニア自体は何も変わっていませんでした。

?!

つまり、痛みがある場所に問題があるとは限らないということ。

腰という部分ではなく全体の関係性が変わったので、痛みが解消され、

もしかすると数ヶ月先にはヘルニア自体も解消されていたのかもしれません。

逆に、手術をしても、痛みがは改善しなかったという方もおられました。

実際に、医師でも、ヘルニアと痛みの関係性に問題を指摘されている方もおられます。

(もちろん医療機関での検査や治療も意味があるものですし、人によっては手術という選択肢も否定できません)

ギックリ腰のその後

そして、以前紹介したギックリ腰の方は、

その謝罪出張は拍子抜けするぐらい何事もなく済み、

腰も何も問題なくて、大丈夫だったとのことでした。

ですので、改めて心理からくる腰痛やギックリ腰は・・・


ある!

 

といえます。

 

※さらに体、心だけでなく他の原因から問題が生まれることもあります。

この方の場合は、一時的な仕事のトラブルでしたが、

毎日毎日ストレスがあり、それを解消できない状態の場合は、

いくら施術をしても目の前に問題がある限り改善は難しいかもしれませんね。

 

単純な動きでも「ストレスを与える」と、腰に対する負荷が70kgも増えたという研究もあります。

心、体からの痛みの伝達経路も随分解明されてきました。

そして整形外科と心療内科が協力し合い治療にあたるという病院もあるそうですよ。

それだけココロとカラダは繋がりがあるということ。

 

腰痛、ギックリ腰

おわりに

便利や快適さを追い求めて自分達が作り上げた社会、環境、生活、希薄な人間関係・・・

多くの人はその代償として

痛み、苦しめられているのかもしれませんね。

 

ロルフィング、ホリスティックヒーリングでは、身体教育により

自分と向き合い見直すので

その後、環境を変えたり、生活を見直す方が多いのだと思います。

 

自分と向き合うことで

カラダが大切に、愛おしく想えるとおっしゃっていた方もおられました。

そうすることで、戦わない選択、自分を守る、逃げる選択、

より良い環境に変える選択肢もあると思えるのかもしれません。

 

ですが、いくら施術を受けたとしても

自分を変えるのは自分でしかできません。

私はできるかぎりその準備、サポートをさせて頂きます。

 

hinataは、治療を行なっておりません。

痛みや違和感、症状は、カラダからの大切なメッセージ。

それらを無理やりなかったことにするのではなく、そうなった意味を知り、

心身のバランスを整え、動き・感覚・生活を見直し、より生きやすくする本質的なサポートを行なっています。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です