インフルエンザの治療に、板藍根(ばんらんこん)

急に寒くなり、流行しているインフルエンザ。

電車に乗っても、ゴホゴホ、グスグスしている人がたくさん。

このページを見られている方はきっと「できるだけ自然に・・・」という方が多いと思います。

そこで、お勧めするのが「板藍根」です!!

板藍根とは・・・

板藍根

(参照:weblio辞書)

 

中国ではインフルエンザだけでなく、

肝炎、耳下腺炎(おたふくカゼ)、日本脳炎、扁桃腺炎などの治療に欠かせない生薬として大切にされています。

(イボもウイルス感染によるものは、板藍根が使われることもあるようです)

東洋医学でいう「清熱涼血解毒」の作用があり、

■抗菌・抗ウイルス作用

■抗炎症作用

■解熱作用

があります。

板藍根の副作用

炎症を改善させる、熱を下げる作用があるので、

冷えがある虚弱体質の方は、長期間継続は避けた方がいいかと思います。

板藍根の重篤な副作用は報告されていないようですが、

症状が出た時に短期間に使う、もしくは身体を温めるものを組み合わせるといいと思います。

(身体を温める生姜が配合されているものも多いみたいです)

板藍根の味、匂いは大丈夫?

漢方というと、「匂いが、味が・・・」というイメージがあるかもしれませんが

板藍根は意外とおいしくて、飲み物に混ぜたり、食べ物に振りかけたりしても大丈夫。

うちの子もOKでした。

生薬がお勧めですが、板藍茶に、板藍根のど飴にさまざまな商品が出ているみたいですよ。

板藍根茶

板藍根飴

自然のチカラをかりて、この冬も乗り切りましょう!

Follow me!

ご予約・お問合せはこちらからどうぞ

hinata 
女性専用サロン・完全予約制
土日祝日もオープン
11~21時(ご希望日時ご相談ください)
〒543-0071大阪市天王寺区生玉町1-26

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。