デトックス

 

デトックス

デトックス

デトックス(detox)とは、体内に溜まった毒物を排出させることです。

ちまたには、さまざまなデトックスの方法があります。

 

私自身は、
断食、アーユルヴェーダ、ハーブ療法、グリーンスムージー、マクロビオティックなどのお手当、西式甲田式(スイマグ)、レバーフラッシュ、歯科重金属除去(アマルガムなどの詰め物)、鍼灸、岩盤浴、遠赤外線ドーム・・・などいろいろなことをしてきました。

 

疑似科学?裏事情

デトックスは、他にもたくさんあります。

中には、疑似科学と呼ばれるものや怪しいものもあります。
(プラシーボ効果で免疫があがることもありますし、一概にNOとはいえませんが・・・)

中には、本当に良いものなのに広まらないこともあります。

 

それが表に出てこないのは、いろいろと裏の事情があるのですね

(例えば、ブログにも書いているオムツなし育児。妊娠出産の雑誌でもオムツの会社がスポンサーになっていれば、利益がでないオムツなし育児の記事はなかなか出てこないのと一緒で、お薬も予防接種も、さまざまな健康法も・・・健康になってもらっては困る人たちがいるのかもしれませんね。)

 

デトックスは必要?不要?

本来、人間は自分で毒素を排出する能力(自浄能力)もありますし、免疫力によって守られているので

適切な食事や運動をしていればデトックスなど必要ないのかもしれません。

 

でも、今や3人に1人はガンになり

ほとんどの人がなんらかのアレルギーを持っているという世の中

毎日元気いっぱい!という人が少ないように感じます。

 

添加物にまみれた食品、

電化製品に囲まれ、

ストレスに、汗をかかない生活。

 

有害金属に、人工合成化合物・・・

水、空気までも汚染されている環境。

 

悪いものを食べれば下痢をして出し

季節の変わり目には、風邪をひいて熱を出し、

うまく調整ができればいいのですが・・・

 

下痢もお薬で止め、熱も薬で下げ、鼻水、咳さえも止めてしまう状態。

その繰り返しで、風邪もひけないカラダの人が増えています。

(風邪をひかないのと、ひけないのではやはり違うと思います)

 

皮膚の症状も、表面だけをみてお薬でなかったことにしてしまう。

このように考えると現在のさまざまな病気やアレルギーなども

当然といえば当然かもしれませんね。

 

テレビをつければ医療保険に、がん保険。

もしもの為に・・・それも良いと思いますが、

もしもの為にならないよう、「今」できることは無いのでしょうか。

 

どんな病気にも原因、理由があるはずです。

自然な世の中であれば、デトックスはいらないのかも

でも不自然な世の中だからこそ、そういったできることをしたいなと思います。

 

 

というと、

ついつい頭でっかちになって「あれもダメ」「これもダメ」「いろいろデトックスをしないと!」となるかもしれませんが

必要以上に恐れることも、心配になる必要もありません。

デトックスで大切なことは

デトックスで大切なことは

「楽しむこと」だと思います。

 

身体のためといって、嫌なこと、つらいことをすれば

当然免疫力が下がります。

玄米、自然食・・・と健康のためにイヤイヤ食べても健康になれないと思います。

 

 

何よりココロが不健康になりますし、それはカラダにもつながります。

どんな食でも、どんな環境でも、

感謝し、今を楽しむことが大切だなと思います。

そんな中で自分が興味を持ち、できることをやってみればいいと思います。

 

偉そうなことを書いていますが、私もアレルギーがあるし、コンビニ、スーパーで食事も買うし、たまにお酒も飲むし、まれに外食もします。

だからこそなんとかしたいなという想いで行ってきました。

(というより、感覚で「溜まってきた・・・」と感じることがありいろいろとします)

 

 

また、人に触れる仕事をしているので、心身ともにスッキリしている方が

施術をするのに明らかに精度が良いと感じています。

 

 

そして、出すことばかりに注目するのでなく、入れているものにも注目して、

生活、環境、生き方を見直すことができるといいなと思います。

 

 

前置きはこれぐらいで

次回、私が最近行ったデトックス「レバーフラッシュ」を紹介していきますね。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。