お詫び&旅立ち

ご予約頂いていた皆さま、急なキャンセル申し訳ありませんでした。

(予約いただいた皆さまに連絡がつき、年末来年に変更して頂きました。ありがとうございます)

先週、86歳の祖父が亡くなり、葬儀でお休みさせて頂きました。

妻側の祖父でしたが、私、子供共々とても良くしてくれていました。

戦時中のこと、昔の大阪のこと・・・二人で長い時間話したこともありました。

とても強く、元気な方でしたが、脳梗塞で倒れ病室に行った時は、

麻痺、動けない、しゃべれない状態でした。

それでも、何かを伝えようと力が入り険しい表情でした。

このような「病院での光景」は以前も見ました。

自分の祖父母の時です。

その時は、病気になり亡くなる前まで、私は鍼灸師としてカラダに触れることができました。

まだまだ勉強中の頃でしたが、「ありがとう、ありがとう」と喜んでくれていました。

自分がそんな仕事をしていなかったら、きっと触れ合うことができなかったと思います。

家族の支えもあり、宣告された余命から2、3年長く生き、ひ孫にも会え・・・とてもよかったなと思っています。

そうやって家族、周りの人を・・・という思いでこの世界に入ってきたものの、

これまで目の前にいるおじいちゃんには、何もしてあげることができなかったなと後悔しました。

脈は完全に乱れて、かすかな意識もとぎれとぎれ・・・

そんなおじいちゃんにも最期の時を、少しでも楽に・・・という思いで身体に触れさせてもらいました。

するとこわばった表情や身体から力が抜け、優しい表情になりました。

妻も(機器をはずすからと着けられていた)手袋をあけて直接手を握りました。

そして、うちの子供たちが「ツンツン~」とおじいちゃんの頭を触ると

「ニコ~」っと目を合わせ満面の笑みを浮かべました。

その後私たちは病院を後にしましたが、それからは意識が戻ることなく1日後に亡くなったそうです。

そして、今日、クリスマスの日に皆に見送られていきました。

子供たちもしっかり「死」を感じられたのではないかと思います。

私も、生死、終末医療のこと、心身のこと・・・いろいろなことを感じました。

おじいちゃんからの最期のプレゼントを大切に、日々を大切に・・・

そして、私の手を通して多くの方に・・・

精一杯できることをしていきたいと思います。

世間では亡くなることをご不幸といいますが、決してそのようなことはなく

お役目を終えた幸せなことだと思います。

だから、旅立ちのような、明るい気持ちで見送れました。

私たち家族にとってはステキなクリスマスでした。

皆さんはステキな時を過ごせましたか?

Merry Christmasクリスマスツリー

Follow me!

お詫び&旅立ち” に対して1件のコメントがあります。

  1. さちよ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    同じく祖父母を亡くし、同じような心境、状況を体感致しました。私は手を握る事くらいしか出来なかったですが。。。
    現在はたった一人、残った父方の祖母を大切に毎日を過ごして行きたいと思います。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >さちよさん
    そうだね。おじいちゃん、おばあちゃん、両親、兄弟、友人、パートナー・・・
    日々過ごしていると「存在すること」が当然になって、大切さを忘れてしまいがちだけど
    この世に、この時に、存在するってことは奇跡的なことなのかもしれないね。
    だからこそ、毎日を大切に・・・だね。
    ありがとう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です