本や教科書に書いてある、先生や専門家が言っていた、エビデンス、科学的根拠、医学的に・・・

テレビ、報道、新聞・・・

多くの方がそういった 「外の情報」 にしたがって生きているのではないでしょうか。

それが常識と扱われ、社会がまわっている。

もちろんそれらは大切なこと。

けれど、外の情報に合わせた生き方は窮屈じゃないかな、本当に心も身体も健康に、幸せになれるとは思わない。

人はロボットじゃないんだから。

外の情報は大切なことだけど、


決して正しいものではない。

それに気づいた人は声を出すが、異端児、問題児とされる。

大多数や力のあるものが正とされ、少数派、力のないものは押さえつけられる。

多くの人が教科書を 疑うことのない正しいもの として覚え、学校で良い点数であれば、優秀とされる。

実証されているし、研究結果にもあるし・・・

その情報は地位や職業(医師、政治家、科学者、専門家、教師など)も含めさらに間違いのない事実として利用される。

でも、これまでの歴史をみても、昨日正しいとされていたことが今日は間違いとされ、データは次々書き換えられもしている。

「問題があったので今日からは使えません」

「この検査では見落としがありました」

「データに誤りがありました」

意外にもよくあるはなし。

そんなものに巻き込まれたら大変。

人間の目に見える情報なんて、たかがしれたもの・・・

地球、宇宙、人、生命・・・


わからないことだらけじゃないかな?

最新の科学、医学、数字、データ・・・

目に見えないと信じられない、目にみえないと安心できない、気持ちもわかるけれど・・・

それで、本当に安心?

それで、自分、家族、周りの人は健康?

それで、子供達を守れる?

「安全基準以下だから大丈夫と、大学教授が言っていたから」

「データで1000人の1人ぐらいの割合でしか問題が起こらないから大丈夫」

「ただちに健康の被害はないと医者が言っていたから大丈夫」

これは、原発問題、予防接種、妊娠出産、病院、テレビなど・・・でよく聞くことば。

「それ自体は問題ないけれど、蓄積されるとどうなる?薬、予防接種、添加物、塩素、放射能、電磁波、汚染された食品・空気・水・・・複合されたら?」

「直ちに問題なくても、10年後、20年後。今の子供たちが子供を生むときには?」

「病名はつかなくても、いろいろな症状、体調、心との因果関係は?」

「毎日薬を飲んでいるけれど、健康にならないのはなぜ?」

「痛みがなければ、症状がなければそれでいいの?それが治療?」

もう皆気づきはじめているんじゃないかな?

一人ひとり違うのに数値なんかで、健康や未来は測れない。


目に見えるものが正しいとは限らない。


目に見えない、気づき、意識、感覚などの大切さ。

頭ではなく体験から得られるものの価値。

健康診断も数値の枠内に入っているから健康と安心するけれど、本当に健康?

もちろん数値による早期発見など有益なこともあるけれど、それって健康の診断ではなく平均値の枠に入る・入らないをみる病気診断じゃないかな?

私は鍼灸、ロルフィングで人と関わっているけれど、

今や、食べ物だけでなく、姿勢、立ち方、歩き方まで

外の情報

によってコントロールされ、キレイに、美しく・・・と外に見せるためにみんな肩肘張って生きている。

それによって無理な姿勢、無理な歩き方、無理な動き方

肩肘張るとコルししんどいですよ!!

そのうえ無理な生き方までして自分を痛めている人がたくさん。

自分の感覚を無視して生活をしているから、自分の身体を感じることができない状態。

身体からの小さい声を無視して、無理して、やがて限界がくる。

大きな痛みや症状が出てはじめて気づく。

今の日本の状況に似てませんか?

でも痛みや症状も大切なメッセージ。このままじゃだめ、変わらなきゃいけないって。

食事:○○食事法、○○健康法、マクロビ、ローフード、菜食・・・

出産:病院での管理出産、助産院、自宅出産、○○分娩・・・

育児:習い事、○○育児法・・・

教育:塾、一流大学、早期教育、○○教育法・・・

治療:手術、薬、整体、鍼灸、○○療法

あれが良い、悪いとテレビでも本でも、ネット上でも議論がいっぱい。

それぞれ正しいのかもしれないけれど、それはあなたにとっては正しいかはわからない。

仕事、日常生活、生き方、死に方、環境、地球・・・全てにいえること。

だからといって何もかも疑うのはしんどい。


「不安」は一番の不健康材料。

けれど、立ち止まって感じてみるといいかもしれない。

自分にとってここちいいのか?子供にとってここちいいのか?

外からの情報は大切なエッセンスとしつつも、


答えは自分の中にある。

そう答えはきっと自分の中に。

自分は自分。

外にばかり答えを求める必要なし。

そのままでも、大丈夫。

物事の「正しい、間違い」の答えを出すのではなく、自分にとって正しい生き方をする



そんな生き方ができれば周りの人のことも理解でき、周りを否定する生き方はしないはず。

その個々の思いがいつか形になり、

思いが未来、地球をつくる。

何も政治家や科学者が世界を変えるのではない。

変えるのは、家事(育児も…)もし、仕事と普段の生活をしている私たち。

日常生活レベルで、皆が気づき変われば必ず世界は変わると思う。

震災後の動き(節電、助け合いなど)をみてもわかるように、気づき行動すればもしかすると短期間で変わるかもしれない。

日々起こる出来事は悪いことも含め全て学び。

大切なことをキャッチし、気づき、行動し

明るい未来を手に入れる。
自分のため、子供のため、みんなのため、地球のために。

<追記>

これは随分前に書いた文章に最近少し加筆したものです。

訴え?戒め?深夜に書いたので思いが募ってまとまらずにお蔵入りの文章でした。

地震から原発事故・・・そして毎日のように政府、専門家、大学教授、研究機関とさまざまな情報が飛び交い、店から物が無くなり、お野菜が、水が、健康が・・・と皆さんそれぞれ不安な日々を送られていると思います。

過去に同じような事故があったとしても、あくまで原発で事故があったということが同じだけで、状況は全く違います。

科学者や専門家でもわからないことばかりじゃないかなと思います。本人が自分の体験から得たものではないのだから。(中には実際現場で働いていたり体験から得られた情報を出し、変えていく活動されている方々もおられます。)

そんな中、数字の足し算、引き算で、ここまでは安全だ、これ以上は危険だなんてわからない。

ガンになったか、ならなかった、病気になった、ならなかった、検査レベルではデータとして残るかもしれません。

けれど、人間ってそんな単純なものではないと思います。検査ではかれないものもたくさん。

真に触れようとしたブログやyoutube、テレビの情報さえも圧力によって削除・操作されるという話も聞きます。

自分を無くし、信じられるものが無くなり・・・

どうやって生きていけばいいのでしょうか?

落ち着いて何が大切かを今一度考える時期なのではないでしょうか?

私は、身近な人の病気による死、それと自分の健康状態から西洋の医学に疑問を感じ、東洋医学を学びました。

そして、現在の医療の元での出産にも私たちにとっては疑問を感じたので、

娘は助産院で、そして昨年生まれた息子はプライベート出産で私がとりあげました。(医療が悪いというわけではないですよ)

今の教育・食事・仕事・社会・環境・地球・・・知れば知るほど

「なぜ?どうして?誰も疑問に思わないのかな?」ということもたくさん。


でも、さまざまな問題を変えたくても、わかっていても動き出した車輪を止めることはなかなか難しいですね。


そこにも働く人がいるし、家族もいるし、お金が関わり、社会が関わり・・・どんなものでも意味のないものは何もないんですし、おかしいって気づいても停止、修正さえもなかなかできないんですね。

そのようなことは今大きな問題である原発問題だけでなく、私たちの身近な生活にもたくさん潜んでいます。

今回のように問題や事件、事故になってからでないと気付かない、止められないものもいっぱい。

そして今なお続く問題もたくさん。

「誰が、何が」悪いわけではない、

「人によって、状況によって」いろんな答えはあると思います。

ただ、溢れかえった情報の中、力により、真実を隠され、正しいと決めつけられた情報に振り回されて、悲しい思いをしている人がたくさんおられます。

怖いのは、原発だけではありません。

怖いのは、目に見える問題だけでなく、さまざまなものへの無関心や無知。

特に赤ちゃん、子供、そして未来は今とても危険な状況だと思います。

このままでは、守ることはできないと思います。

けれど、自分で気づき、調べ、考え、感じ、行動する。

目先の情報に振り回されない生き方がきっとできるはずです。

日常の当たり前を見直す→気づく→知る→変える・行動する→気づく・・・それを繰り返し広げていけば

きっと未来は変わると信じています。

自分の調和は、家族を調和し、周囲の人、そして地球の調和へと広がるはずです。

私にできること、まずは日常の小さな「気づき」をブログを通しこれから共有していけたらなと思います。

マザーテレサ

「世界平和のために何ができるかですって?家へ帰って、あなたの家族を愛しなさい。」

「もしほんとうに愛したいと願うなら、ゆるすことを知らなければなりません」

「あなたたちは、もっと身近なことからはじめたらどうかしら」

長文をお読み頂きありがとうございました。

 

ロルフィング鍼灸hinata(ひなた)

お読み頂きありがとうございます。押して頂けると嬉しいです→ → →
 最新情報をお届けします
・hinataのホームページ
・自己紹介
・アクセス
・ご予約フォーム
・ロルフィングの詳しい説明

hinata 大阪市天王寺区生玉町1-26
谷町九丁目 徒歩1分/大阪上本町 徒歩5分
11~20時(セッション開始時間) 年中無休

ロルフィング®、筋膜リリース、鍼灸整体、姿勢改善、ソースポイントセラピー®
マインドブロックバスター、レイキヒーリング

<スクール>
マインドブロックバスター養成講座、レイキアチューメント、en-yoga®ヨガプライベートレッスン

大阪市(旭区、阿倍野区、生野区、北区、此花区、城東区、住之江区、住吉区、大正区、中央区、鶴見区、天王寺区、浪速区、西区、西成区、西淀川区、東住吉区、東成区、東淀川区、平野区、福島区、港区、都島区、淀川区)、堺市、八尾市、岸和田市、池田市、箕面市、大東市、四條畷市、柏原市、富田林市、守口市、枚方市、門真市、寝屋川市、交野市、東大阪市、吹田市、茨木市、豊中市、高槻市。京都府、奈良県、兵庫県、和歌山県からお越し頂いています。